おしりのブツブツと産毛処理の関係

自分ではなかなか見ることはないお尻ですが、水着になったり温泉に行ったりすれば他人の目に触れることもあるので、自分でおしり産毛処理している人も多いと思います。

産毛でモジャモジャして黒ずんでいるお尻だと恥ずかしいわけですから、自分で密かにおしり産毛処理をするわけですが、この時に間違った自己処理方法だと後で後悔することになってしまうのです。

お尻のムダ毛を自分で処理するとなると、多くの人はカミソリで処理することが多いのではないでしょうか。
カミソリだと手軽にできますが肌へのダメージも大きく、繰り返し行うことによってブツブツができてしまう事もあります。

このブツブツはカミソリによって刺激を受けた毛穴が盛り上がってしまうものですが、お尻の場合だと他の部分よりもひどくなる場合があるのです。

それは、実はお尻が特に刺激を受けやすい部分であるからです。

お尻なんて普段出している場所じゃないしと思うかもしれませんが、下着による締め付けムレ、立ったり座ったりする時の摩擦によって常に刺激を受けている状態なのです。

そういった刺激を受けることにより、お尻は角質が厚くなってザラザラしがち、そのうえカミソリで刺激したら毛穴のブツブツだけでなくニキビまでできやすくなってしまいます。
ですからカミソリなど刺激の強い方法は避け、脱毛サロンなどプロに任せるか除毛クリームなどを使った方が無難です。

おしり産毛処理~脱毛タオルの効果とデメリット

最近ではエステや医療脱毛などでVIOラインの無駄毛をすっかりきれいに処理するという方が増えています。

レーザーだけではなく、海外から入ってきたワックスによる脱毛などもあり、いろんな方法で全身をきれいにすることが可能なのです。そのいろんな脱毛方法がある中でも比較的簡単にできることで知られているのが脱毛タオルの存在です。

脱毛タオルにはシルクやコットンなどの天然繊維が使われていることが多いです。繊維の織で無駄毛をからめて毛を抜くようになっています。

背中やおしり産毛処理などによく使われることがあります。すぐに効果が出るという方もいれば何度も使うことで効果を感じたという人もいます。

どちらかというと気を長くして使い続けることで効果がでるものなのです。またこのタオルを使った後はしっかりと保湿をしておくことも大切です。

おしり産毛処理でも背中でもそうですが、摩擦によって毛を抜いてしまうということなので、人によっては肌を傷めることになる可能性があるからです。しかしタオル自体はリーズナブルで手に入れやすいので、気軽に試してみることができます。入浴中に普段背中やお尻を洗っている感覚で誰にも見られることなくできるのも良いところです。

おしり産毛処理で家庭用脱毛器は協力者が必須

家庭用脱毛器でおしり産毛処理をする場合には協力者が必要になります。

もちろん一人でもできないことはありませんがかなり雑になりますし時間もかかってしまいます。

お尻は自分では見ることができませんし、鏡を見ながらするにしても無理な体勢でしなければいけません。

また鏡が反対の方向に見えますのでうまくできないことが多いのです。
その点他の人に協力をしてもらえば的確に脱毛してもらうことができます。
きちんと剃り残しが内容にしてもらえるのです。

お尻産毛脱毛処理をしてもらうのが恥ずかしいという方もいらっしゃるかもしれませんが下着を全て脱ぐ必要はないのです。

お尻だけでしたらTバックを着用するだけでも処理をすることができます。
おしり産毛処理は無理に一人ではしないようにしてください。影になる部分もありますのきれいに剃ったり脱毛できないのです。

最近では家庭用脱毛器でも永久脱毛のできるタイプも販売されています。これに関して絶対に自分ではしないようにしてください。
確実に必要な部位に照射することができず、関係のないところに照射をしてしまい、ケガをしてしまうこともあるからです。

そもそも使いにくいですので友達にその使い方を教えて協力してもらってください。

おしり産毛処理にワックス

おしり産毛処理をする方もいらっしゃいます。

Tバックの水着を着用する方や美意識の高い方などがするのですが、ワックスで脱毛するという方法もあります。

しかしワックス脱毛は実際のところはどうなのでしょうか。
大体脱毛に使われるワックスは融点の低いものですのでやけどをするリスクは少なくなります。
また、粘着力がありますので産毛であってもきれいに抜けるのです。

更にいいところはお肌に対するダメージがかなり低い点にあります。
同じような方法と言えば脱毛テープがありますが、これですと皮膚にダメージを与えてしまうこともあるのです。

しかしこちらの場合ですとしばらく放置している間に保湿をすることができるのです。そもそも蝋というものはエステで保湿のために使われることも少なくないのです。
お肌への影響のことを考えますとおしり産毛処理には非常にいいものになります。

潤いのあるきれいなおしりになるのです。

ただ一人ではできませんので人にしてもらう必要があります。エステサロンではしていることもありますので友達にしてもらうのが恥ずかしい方はエステサロンしてもらうようにしてください。

ただ抜くのではなくお肌に影響がないようにしてもらえます。

おしり産毛処理なら除毛クリームで簡単処理

みなさん、おしり産毛処理はどうしていますか?脱毛の種類には、カミソリや脱毛器など様々なものがありますが、それぞれ長所と短所があります。

それぞれの特徴を理解して身体の部位別に脱毛方法を変えるのが、つるつるボディへの近道です。

今回は、特におしりの産毛に適した脱毛方法を紹介します。
お尻は、面積が広く、カーブが大きい部分です。その上、鏡を使っても自分ですべての部分を見ることが難しい場所です。このような部分にカミソリを使うのは大変危険です。

カミソリは、レーザーやフラッシュなどの脱毛器が苦手とする産毛の脱毛にも効果がありますが、肌への負担や失敗のリスクが高くつきます。

レーザーやフラッシュの脱毛器が産毛を苦手とする理由は、これらの脱毛器がメラニン(毛や毛根の黒を作り出す組織)に反応するからで、色の薄い産毛には十分な効果を発揮しないこともあります。

これらの理由から、おしり産毛処理に適した脱毛法は、除毛クリームということになります。

これならスポンジなどを使って塗布することができますので、面積が広い部分や、自分で見えないところでも手が届けば簡単に処理することができます。

肌への負担も少なく、つるつるに仕上がるのでデートや旅行、レジャーの前に最適な方法です。
除毛クリームでつるつるのおしりを手に入れて、自信をつけてくださいね。

おしり産毛処理でカミソリ負けしない方法

おしりの産毛処理を自分で行う人がほとんどだと思います。

てっとり早く、出掛ける前など気付いたらすぐに処理できる、自分でやるので恥ずかしくない、安価でできるなどメリットは多くあります。

しかし、カミソリで自分のおしりの産毛処理となると大変ですし、カミソリ負けも心配です。
おしり産毛処理でカミソリ負けしいない方法は、まずカミソリの刃を頻繁に交換することです。

古い刃は横滑りしやすく、また、切れ味も悪いので何度も同じ所を剃らなくてはなりません。
そうすると肌を痛めてしまい、カミソリ負けの原因にもなります。

次に、シェービングクリーム、ジェルへのこだわりです。
シェービングクリームを安易に考えると文字通り痛い目を見ます。
ボディーソープなどで代用せずに、きちんとシェービング専用のクリームまたはジェルを使います。

シェービング専用クリームには肌を保護する成分も含まれているので、カミソリ使用後の荒れた肌もしっかりと保湿してくれます。
おしり産毛処理のようなデリケートな場所はもちろん、腕や足などのムダ毛処理にもしっかりとシェービングクリームを使いましょう。

処理後は、乳液や美容液を塗ることも大切です。
また、カミソリは毛が生えている流れに沿って使います。

生えている方向と逆にカミソリを当てると、肌をより痛める原因にもなりますので注意してください。

デリケートゾーンやおしり産毛処理を彼氏に注意される前に

彼氏のいる方は注意される前におしり産毛処理をしておくことをおすすめします。

女性の場合は産毛が生えてもそれほど剛毛になることはないのですが、光に反射したときに浮いて見えることもあるのです。

もしもそのようなことを彼氏に指摘されてしまいまうと非常に恥ずかしいものです。
また指摘されなかったとしても心の中で汚いと思われてしまうこともあるのです。

男性は女性に対して幻想を抱いていることもありますのでとりあえず見せる前におしり産毛処理をしておくようにしましょう。
脇やすねの部位に関しては自分でも見えるところですので剛毛であればすぐに処理ができるはずですが、見えない部分は分からないものです。

そこで鏡に近づいてみておくことをおすすめします。
自分で触ってみるのも一つの方法でしょう。

また脱毛の方法ですがまず自分ではすることができません。ですのでサロンなどでしてもらうといいでしょう。

友達が協力してくれる場合にはしてもらってください。
注意されてから行動をするのはあまりいいものではありません。あとできれいにしたとしても元々は剛毛であることがばれてしまっているからです。
彼氏ができてからすぐにお尻の毛の処理をするといいでしょう。

正しいおしり産毛処理方法

おしり産毛が気になっている人も少なくはありませんが、鏡をみながらでも不安で処理する部分をきちんと見て確かめるのが難しく、処理する際にもし不注意があって傷をつけると良くありません。

デリケートな部分でもあるため、おしり産毛の処理はなかなか難しいものです。特に肛門周辺は傷が入ったりするとそこから痔になってしまったりすることもありますから、おしり産毛処理を自分で行うのはあまりオススメできません。

気になるからどうにかしたい、おしり産毛処理の方法としては家族や彼氏、彼女にお願いすると言う方法もありますが、おしり産毛処理はあまり処理になれている部分ではないためトラブルの原因になってしまうこともあります。

また人にお願いするのは抵抗があるかもしれません。正しいおしり産毛処理の方法としては脱毛サロンがオススメです。

人におしりを見せるのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、脱毛サロンのプロに任せれば、確実にキレイに処理することができます。しかも処理後のアフターケアや肌のケアもしっかりと行ってくれるので、処理後の肌トラブルなどを最小限に抑えることができます。最初は恥ずかしいと思うかもしれませんが、安全に確実に処理を行うことができ数回続けることで、生えてこなくすることもできます。